社労士の業務内容について

社会保険労務士、通称社労士は、社会保険や労働保険に関する各種手続きの代行、労務管理に関する相談対応などを主たる業とする専門職の名称である。つまり企業等の人事や福利厚生に関するスペシャリストであるということができる。

社労士の業務は大きく2種類に分けられる。

1つは健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険等に係る帳票類の整備や官公署へ提出する届書等の作成・提出代行などである。具体的には事業主からの依頼を受けて被保険者の資格の取得や喪失を届け出たり、給付金の請求を行ったりする。個人から依頼を受けて年金の申請を代行したりすることもある。したがって、東京都の法人は社労士 東京に依頼・相談することで、上記の問題を解決出来るはずである。

もう1つは労務全般に係る相談・指導である。就業規則の作成や改廃、企業年金の制度設計、各種ハラスメント対策などについて助言を行ったり社員教育に携わったりする。

社労士は国家資格となっており、有資格者は独立開業して事務所を構えるほか、勤務社会保険労務士として企業の人事部門等に所属して業務を行っている。