伝統的染物、紅型の風呂敷

日本が誇る沖縄の伝統的な染物「紅型」の風呂敷は、和柄とはまた違う美しさがあります。

和柄と言えば、わび・さびが漂う日本特有の色使いや、控え目で美しく描かれている図柄が特徴的で、風呂敷本来の図柄こそ、和柄です。
そんな日本の伝統的な図柄がお好きな方は、紅型の風呂敷もおすすめですよ。

紅型は、沖縄を連想させる草花や鳥などの図柄が丁寧に染め上げられており、南国の雰囲気漂う色鮮やかな風呂敷です。
紅型が用いられる染物は風呂敷だけではなく、着物もとても魅力的です。

紅型の風呂敷は、同じ図柄でも素材によって雰囲気がまた少し変わる点にも着目してみて下さい。
特に、絹製のちりめんでは色鮮やかな印象を、絹製らしい上品な光沢感が包んでくれます。
その美しさは、きっと見る人の心に印象強く残り魅了されるでしょう。

紅型は、日本が誇れる素晴らしい染物です。
伝統工芸品に触れたいと思っている方から沖縄好きの皆さん、紅型の風呂敷は必見ですよ。